お宝の山ヤフオク!

カメラ転売でも電脳せどりでも

安定的に安く仕入れをしたい人に
必須のプラットフォームがヤフオク!です。

最近ではメルカリ仕入れも流行ってますが
儲かる商品はバイヤーが四六時中ツールで監視しているため

儲かる商品が出品されてもわずか数秒で
バイヤーが仕入れをするので

転売初心者がプロより早く商品を見つけ
1分以内にメルカリで仕入れをするのは少々難易度が高いですね。

その点ヤフオクはメルカリとは違い
オークションという形式の商品を見ることで
十数年の経験を持つプロのバイヤーだろうが

今日からオークションを始めた初心者だろうが

「先に高値を入札した者が勝つ!」

というシンプルなルールですから
初心者でも仕入れが可能なであり

カメラ転売が初心者でも稼げるのはヤフオクを利用するからですね。

そして出品数もメルカリとヤフオクでは桁違いですから
今、人気のメルカリとはいえ

メルカリが発表する数字では

流通額が月間100億超つまり年間1200億円程度

出品数が1日50万品以上ということで

これでもスゴイのですが

ヤフオクといえば

年間流通額が9000億円以上で1兆円規模です!

出品数も常時5200万個

1日あたりの出品数もメルカリの2倍以上

そしてユーザー数はメルカリの方が多いが

流通額はヤフオクということで

裏を返せばメルカリは商品数が少ない割に競争相手が多い!

ということがデータからわかりますね。

こちらのデータを見ても

ユーザー数だけが多いメルカリは実際の取引がほとんど行われず

ヤフオクは実際に購買が行われている!

つまり、仕入れ、販売が出来ている!

ということがデータとして出ています。

 

言い方を変えるとメルカリはチョロチョロと不用品販売するのに適していて

ヤフオクはガンガン売りたい人にも仕入れたい人にも向いている!ということです。

月間取引数が圧倒的に違う!ということは

 

メルカリ転売ヤーで大きく稼いでいる人はいない!!

 

ということがデータで示されてますので

メルカリで稼いでいる!は嘘だということがわかります。

 

逆にヤフオクは月間取引数が1000に達してるユーザーもいるので

平均単価1万円なら月商3000万円だし

そのレベルで商売してる人がいることが示されています。

 

商品数が膨大で他より参入者が少ないヤフオクは

お宝の山だと思いませんか?

 

ヤフオクで安く仕入れる方法

ヤフオクで安定して安く仕入れるにはそれは当然、

オークションを利用することです。

 

オークションは商品の出現タイミング(供給)と

欲しい人のタイミング(需要)とが日々変化します。

つまり「同じ価値の商品でも」

タイミング次第で安くもなるし高くもなる!

逆に価値のあるものが安くなったり

価値の低いものが高くなったり、という現象がオークションでは起こります。

 

という要素があるので、初心者でも安く仕入れることが可能なのです。

 

 

ヤフオク仕入れの入札を訂正する方法動画

そんな状況を見破っている優れた転売ヤー、せどらーは

積極的にヤフオク仕入れを行ってると思いますが

そんなときにたまにやりがちなミスが

入札はかけたものの、あとから不具合や機種違い

相場リサーチミスにより

「通常より高い金額で入札をしてしまった」

というものです。

つまり、10万円で落札出来たら利益確定!

と思い10万円を入札したけど

あとから機種違いや不具合に気付き

「しまった!この機種の上限は7万円だったのに10万円入札してしまった!」

というときに入札金額を修正する方法を動画で解説します!

この方法、私はカメラ転売初心者の頃に偶然気づいて

知っていましたが、歴戦のベテランせどらーでも

知らない人多いので見て良かったらシェアしてくださいね!

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!

Twitter で