稼ぐ力を身に着け自由を得るという生き方

副業に最強の電脳せどりカメラ転売

今すぐ無料でノウハウをゲット!

【せどらーが知らない】オークファンプロplusの評判とストロイドの使い方を教える【ほとんど教材レベル】

サトシ
WRITER
 
オークファンプロplus評判
この記事を書いている人 - WRITER -
サトシ
過労死レベルの会社員からカメラ転売で脱サラ! 稼ぐ生徒を量産する副業起業大学学長、別名:神速スクール 累計生徒数300名以上、累計メルマガ読者7000名超え 収入を増やし自由になる仲間を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

オークファンプロplus【せどらーが知らない】オークファンプロplusの評判とストロイドの使い方【落札相場だけじゃないよ】

こんにちはネットビジネス歴6年のサトシです。

この記事に訪れたあなたはきっと

  • オークファンの機能ってどうなの?
  • オークファンプレミアムかプロかどっちがいいの?
  • ストロイドってどうなん?

そのような悩みがあるかもしれませんね。

でオークファンのツールを検討しているということは

仕入れやリサーチがうまくいかない、という理由があると思いますが

この記事ではオークファンを2013年から使っている私サトシが

実際の使用感をお伝えします。

結論を先に言っちゃうと

「オークファン使っていないなんて終わってるね」

という感じです。(笑)

>>ストロイドも使える【オークファンプロPlus】

実際に使用されてる方の使い方動画(上級者向け)

こちらは上級者向けなので初心者さんには理解が難しい可能性はありますが
この記事ではわかりやすく解説していきます。イメージとして見ておいてくださいね。

 

※ツールとしてのオークファンはおすすめですが
オークファンが案内しているスクールについては別物です。
そちらについての考察はコチラの記事をご覧ください

>>オークファンプロplusの評判を調べていたら意外な事実が

 

 

 

あなたがオークファンを使うべき理由や

気を付けてほしいことなど解説します。

あなたのビジネスの参考にしてみてください。

 

>>オークファン無料会員登録はこちら

>>リサーチから仕入れまでこれ一つでOK【オークファンプロPlus】

 

オークファン(aucfan)とは

オークション、ショッピングの商品及び価格情報の比較・検索・分析が可能な主力事業である「aucfan.com」は、
現・DeNA取締役最高技術責任者の川崎修平が東京大学大学院在籍中に個人で開発したものである。
株式会社オークファン(厳密にはその前身会社)は2006年にサイトを譲り受け、以降の運営を行っている。

現在は「aucfan.com」の運営の他に、「NETSEA(BtoBの卸売り・仕入れプラットフォーム)」、
「リバリュー(企業の滞留在庫・返品・型落ち品などの流動化支援)」の運営も行っている。出典:wiki

 

これはオークファンという会社の名前のことですがあなたが知りたいのは

「オークファンというツール」の機能や評判ですよね。

オークファンとは
そこでオークファン=ツール

という解釈でお話を進めていくのですが

かんたんにオークファンのツールを言語化すると

 

「販売履歴を知ることが出来るツール」

ということになります。

転売でもせどりでも輸出入でも
もちろんメーカー仕入れやOEMや商品開発に至るまで

「販売履歴を知る」

というのはとても大事なことで

私はカメラ転売を始めとする物を売るという商売で
この6年生きていますが

過去の販売履歴を事前に調べるからこそ
リスク少なく稼ぐことが出来る。

と言えます。

オークファンとモノレートは役割が違う

オークファンとは

主にAmazonせどりはモノレート

カメラ転売はオークファン

みたいに使うツールが違うだけ、と考えてる人多いんですけど
実はこの両者では使う意味も理由も全然異なってきます。

 

ここで厳密なリサーチの根本を少し暴露しちゃうと

サトシ

Amazonせどりで大事なモノレートを見る作業は

過去の販売履歴を当然見るんだけど、

それだけではダメで

 

本当のモノレートを見るべき理由は

「仕入てから納品して売れるまでの未来を予測すること」

なのですね。

 

それはなぜかというと

モノレートで見る商品のデータは主に

  • 現在の販売状況と相場や価格推移
  • 過去の売れ行き
  • 仕入れてから売れるまでの回転数の予測
  • モノレートユーザーの推移による出品者の増加の予測

ここらへんを主に見ていきます。

 

例えばね、あるせどらーさんが

ヤマダ電機で

「WI-FIルーターが安い!」

仕入れ担当

と見つけるとします

モノレートを確認して

ランキングの動きが良い

出品者も少ない

利益が出る

総合的に「儲かる」と判断し仕入れをします。

でその仕入れた商品をFBAに納品する。

すると、なぜか、急激に出品者が10人から200人に増えてる!

しかも9800円で売れるつもりで6000円仕入れたのに

あっという間に価格競争で6980円になっちゃった。

これじゃ、利益を取るどころか赤字だよ。

ということが日常茶飯事で起こります。

それはなぜか?というと

基本、ヤマダ電機を始め、どこのショップでもそうなのですが

「○○が値下げ」

となれば、業界全体で値下げが起こります。

ヤマダが1万円から6000円に下げた。

その理由を考察すると、

「新機種が発売するから在庫処分したい」わけですね。

敷地面積に限りのある店舗で

いつまでも旧型を店頭に並べておけないですからね。

となれば同様にジョーシンもイオンもドンキも

たいていどこも在庫処分のために日本全国価格を引き下げていきます。

そのまた裏ではどういうことが起こるのか?

というと、

全国の数十万人といるせどらーが
一斉に全国で仕入れをしてFBAに納品するわけです。
(こういう猛者に打ち勝たなきゃいけない)

つまり、

「安いお宝を見つけるのはあなただけじゃない」

ということなのです。

それを予測するためにモノレートのユーザー数を見るわけですが

モノレートの見方

このように、全国で一斉に安い商品をせどらーが検索しているので
こういう商品は出品者が一気に増えて
価格が暴落する可能性が高いです。

 

Amazonせどりでは、同じ商品は一つの出品ページで

相乗りして出品し、たった一つしかないカートを奪い合う。

という販売スタイルです。

 

これってある種すごく奇妙なことで

イメージ図で説明するとこんな感じ

Amazonのカートのイメージ

マクドナルドのバーガーを買おうと
店内に入ったらその中に

マクドナルドA店

マクドナルドB店

マクドナルドC点

D・E・F・G・H・I・J・K・・・と同じ商品の出品者がたくさん!

マクドナルドの販売店が100店舗以上あって

しかもそのレジが1台しかない!

という状態なのです!!

 

販売者としてその1台しかないカートが取れなければ

あなたが100個仕入れていようが

1個も売れることはありません。

ただ100店舗で争う1台のカートの順番が回ってくるのを待ってるだけです。

で、そのカートを取るためには

「最安値で出品すること」

というあくまでも非公開のAmazonのアルゴリズムですが

安く売る人に優先的にカートが回ってくるので

「俺だ俺だ!」って

価格競争が起こるわけですね。

Amazonせどりではヤフオクや中古カメラ転売と違い
他者と価格以外の差別化が出来ないので

過去の履歴を調べて「儲かる」と思っても

それだけでは不十分で、

「未来を予測」する必要があるのです。

簡単に言うと、

「この仕入れは俺だけが出来る」

「出品者は増加しない」

「想定売価は下がらない」

という状態で初めて仕入れ可能なわけですね。

これを多くの初心者せどらーはわかっていないというか

こんなことを教えてくれるせどり塾もないので

在庫を抱えたまま資金回収できず消えていく人が多いわけです。

かたや

オークファンとカメラ転売
ヤフオクを使う中古カメラ転売や
アンティークなど長年愛される商品は根本が違って

  • 中古なので1品もの
  • 競争相手はいない
  • 価格競争しない
  • 高い値段も好きに付けれる
  • ヤフオクは商店街のようなもので皆平等に販売チャンスがある

だから未来を予測する必要がなく

「過去の販売履歴」

を見るだけで、仕入れの可否がわかり

「売れることがわかった状態」で仕入れを起こすので

仕入れたモノが不良在庫にならないのです。

 

こういう根本的違いを知らないで

商材と販路が違う、程度に思ってる人は

ビジネスレベルが低い、ということになります。

 

オークファンを使うから稼げる

(オークファン公式ページにこれだけカメラが出てるってことはどれだけ儲かる注目アイテムなのかわかりますか?)

上記で説明したようにヤフオクのみならず

Amazon、メルカリ、ebay、ヤフーショッピングなど様々なサイトの
過去の履歴から多様なデータが取得でき

そのおかげで、リスク少なく

「売れるものがわかった状態」

でビジネスに取り組めるからネット転売は稼ぎやすいわけですね。

 

ですから私はカメラ転売の世界に飛び込んだ2013年から

この記事を書いている2019年2月現在もオークファンを使い続けているわけですね。

難破船祈るようなもの
この「売れるものがわからないで仕入れを起こす」

という行為は、難破船に乗るようなもので
地図もないのに

たぶん、あっちがインドでしょ?

アイツ

ってアメリカに旅立つようなものなのです。

 

つまり「利益」という目的に到達しない可能性が高いわけですね。

ですからあなたには物販の羅針盤である

オークファンを使う必要があるのです。

・オークファンを無料で試してみる

 

オークファン無料かプレミアムかプロか?

オークファン比較
さて、少しはオークファンを使う理由がわかっていただけたかと思いますが

じゃあ、どのコースで使えばいいの?

って思いますよね。

そこであなたのレベル別におすすめコースをご紹介します。

 

不用品を販売するだけの初心者の場合

稼ぐ気のない素人さん
はい、たま~に、自分の家の不用品を販売する程度なら
オークファンの無料コースで十分です。
稼ぐ気はないけどお得に売却したい。
その程度であれば無料コースでいいですね。

無料コースは解約の必要もないので
使わなくなればそのまま放置でOKですよ!

無料なのでとにかく使って機能を試してみましょう。

オークファン無料版はコチラ

 

転売でプロを目指し継続収入を得ようという方

プロ転売ヤーになる
カメラ転売もそうですけど、継続したビジネスとして使いたい場合
これは無料版では回数制限、機能制限もあるので
稼げるようにならないです。

もう躊躇なくプレミアムを契約してください。

プレミアム版は無料と何が違うのか?っというと

詳細は公式ページで確認してほしいのですが

  • 過去10年分の相場データ検索
  • ノウハウ集がある
  • Amazon検索機能
  • 出品者検索
  • 入札予約

その他にもいろいろありますが

私がメリットと思うものはここらへんですね。

あと、検索速度が速い、というのもあったと思います。

特にアンティーク要素がある長年売れ続けるもの
古いオモチャ、カメラ、レコードなど
長くファンやマニアが存在するジャンルの商品を扱うのであれば

10年検索の機能は必須です。

オークファンプレミアムは月額980円必要ですが

初月無料で試せます。

ただし、オークファンの月額は1日から末日で計算するので

仮に1月31日に無料登録をすると次の日2月1日で課金が始まります。

なので、プロ転売ヤーを目指すならいつから登録しても良いのですが

無料登録で解約前提なら、月初に登録する方が

無料期間は長く試せます。

無料から試せるオークファンプレミアムはこちら

 

 

多くの人を見てきた私の見解で厳しいことを言わせていただくと

無料でしか使わない

なんて前提の人は「稼がない」って言ってるのと同じなので

ダメなんですけどね。

サトシ

 

あれ?

プレミアムでプロ転売ヤーになれるなら

プロplusは?

って思いますよね。

プロplusが必要な人はこういう人です。

 

脱転売を目指す方、すでに利益が出てきた方

オークファンプロplus

このような方はプロplusをお勧めします。

私も一応、プロplusを使っています。

じゃあ、プロplusの何がいいのか?というと

基本的にオークファン自体の機能はプレミアムと変わらないのですが

(実質プレミアムの機能が無くなっているものもある、詳細は後程)

今は無き、「オークデータ」と私が「欲しい」と思った「ストロイド」がプロplusに付帯しています。

これがとても重要なので、このような方はプロplusを導入することを強くお勧めします。

  • 脱転売を目指す方
  • 上流仕入れで何を仕入れたらいいか知りたい方
  • 中国輸入やOEMで効果的な商品開発をしたい方
  • 独自ネットショップで何を扱えばいいか知りたい方
  • 楽天、ヤフーショッピングにも出店して稼ぎたい方
  • とにかく売れてるセラーの真似をしたい方
  • ズバリ稼ぐ商品の解答を知りたい方

 

言ってしまえば、大きなビジネスをしたい人や
今の利益では我慢できない人におススメです。

>>リサーチから仕入れまでこれ一つでOK【オークファンプロPlus】

オークファンプレミアムとプロplusの違い

オークファンプレミアムとプロの違い

 

 

上の画像を見ていただければわかるのですが

月額980円のプレミアムにある機能が

月額10800円のプロplusには付帯しない。という鬼仕様・・・

オークファン曰く、プレミアムとプロplusは別物ということで

両方契約してほしい意図があるようです。

 

 

こういう姿勢が私は個人的にオークファンという会社が好きじゃない理由なのですが

でも、私からすればプロplusに付帯しない機能は元々使っていないので

私はプロplusを契約するときにプレミアムは解約しました。

プロplusだけで十分です。

サトシ

これではここからはオークファンプロplusの機能の中でも

特におすすめのオークデータに変わるデータ分析機能と

全EC販売者注目のストロイドについて解説します。

 

オークデータ・データ分析

私がカメラ転売を始めたころはオークデータという出品者の詳細データを盗み見る機能が
7日分の機能制限ですが無料で公開されていたのですが

あっという間に「エラーで使えない」という感じになっていて
そのままうやむやに数年経過したのですが
実はプロplusという高価格帯を販売するために無料を封鎖した。

と思われます。

ま、それは企業収益をあげるために必要なことなので
それについてとやかく言うことはないですが
オークデータを気に入って使っていた人はオークファンプロplusを契約してくださいね。

私も使いこなせていないのですが
データ分析ではこのようなことがわかります。

オークファンプロplusのデータ分析でわかること

オークデータ

上の画像の私が特にポイントと思う場所に赤枠を付けて数字を1~6までつけてみました。
順番に解説していきます。(こんな使い方もあるよ!って方は教えてください)

 

1.期間検索90日

⇒オークデータの無料版では7日間しか検索できなかったので
データとして少々弱い、というか、確証を得るまででは無かったのですが
過去90日間を見ることが出来るので精度が高くデータの信用度が上がります。

7日間ではまぐれの数字もあるけれど90日間の数字を見れば
継続しているのか、まぐれ売上なのか、わかりますよね。

 

2.キーワード分析

キーワードで分析することであなたが知りたい商品ピンポイントで
効率よく出品者のデータを洗い出すことが出来ます。

 

3.出品者ID

カメラ転売など転売はトップセラーの真似をするだけで稼げる

と言われますが、そのトップセラーが扱っている儲かる商品や価格帯、
売り方、全て90日分わかるので、すごく大事な機能です。
私もカメラ転売を始めた当時、先輩のトップセラーをこの機能で追いかけました。

 

4.価格帯

価格帯を分析してそのトップセラーを見つけると
あなたの資金状況に合ったセラーや商品を見つけることが可能です。

例えば、いくら真似するべきトップセラーを見つけたとしても
そのセラーさんの商品価格帯が100万円以上とかすると
真似したくても出来ないですよね?

5000円までなどお好みの価格帯でセラーを知ることで
扱うべき商品も売りかたも分かります。

 

5.出品地域

出品地域がわかって、何かいいことあるの?

と思う人もいるかもしれませんが日本って
割と縦に長く地域格差や特徴がありますよね。
例えば、東京在住の方ならお店も多く、
どんなセラーを参考にしても再現性高く良いかもしれませんが

もしあなたが北海道や沖縄のセラーであれば
東京のトップセラーを真似しても再現性が低いわけです。

どういうことかというと、東京はあらゆるお店が集まるので
店舗仕入れをしている人が多いです。

東京のセラーが新宿のカメラ屋さんで仕入れていたとして
北海道在住の人がその人を参考にしても同じ仕入れを再現できないですよね。

また中心地で企業競争も激しいので配送費用も安くなりがちですが
沖縄や北海道、九州、東北とかだと
仕入れできるお店も無いので、かなりの確率でヤフオクなど電脳で仕入れてますよね?
またその際の配送費用も高い。

それを上回る利益の出る商品を扱う必要があるのですが
自分と同じ地域のトップセラーを調べれば

どんな商品が自分に合っているのか?
ヤフオクなどのネット仕入れをしてトップセラーが稼いでいるのであれば
それはあなたにも再現性がある。ということですよ

 

6.カテゴリ分析

もう言うまでもないですが、カテゴリを分析することで
思い込みで検索する必要がありません。

例えば、「カメラ転売が儲かる」と噂に聞きました。
多くの人が「カメラが儲かるわけないだろ」と考えます。

それをデータ分析すれば、どれくらいで売れてるのか?
トップセラーは、など市場規模まで
「本当に売れてるのか?」すべてわかります。

逆を言えば、そういう儲かる情報を誰かのメルマガなどで見たときに

仮に「ティファールフライパン転売で月収100万円」

みたいなのを見たときに鵜呑みにして騙されるんじゃなく
実際に売ってるセラーがいるのかどうか?

継続して販売をしているのか?
売り上げ規模はどうなのか?

たまたま1回売っただけで月収100万とか嘘をついていないか?
わかるので、騙されることも無くなります。
データ分析って思いのほか地味にすごいでしょ!?

オークデータ

この画像はカメラを販売しているセラーさんのデータを見てみましたが
何個売ってるのか、平均価格帯、出品に対する落札率までわかります。

オークデータでわかること

例えばこのセラーさんの場合、

「1」でカメラカテゴリしか販売していないことがわかります。
「2」では開催日数分析で、出品して何日で売れてるのか?がわかります。
カメラは1日~2日で売れてることが読み取れます。

「3」曜日分析では何曜日が売れるのか?
トップセラーは何曜日にオークションを終了させる設定にしているのか?
がわかります。このデータではほとんど日曜日に売っていません。
意外ですよね?(定休日なのかもしれませんね)

「4」では時間帯分析で下の時間帯が消えてて申し訳ないのですが
売れる時間帯がわかりますね。

「5」あなたにおすすめのまとめみたいなのがわかります。(参考程度)

 

あっ!言っておきますが、これはオークファンプロplusのただの
一つの機能のデータ分析に過ぎないです。他にもまだまだあります。

サトシ

 

このような多種の機能から「儲かる商品」や
「売れる方法」をあらかじめ知った状態で
プロの転売ヤーは勝負しているので
データを知らずに戦う独学初心者が勝てるはずがありません。

>>リサーチから仕入れまでこれ一つでOK【オークファンプロPlus】

 

ストロイド(Storoid)で出来ること

ストロイドとは私はこのストロイドを使いたくてオークファンプロplusを契約したのですが
実はストロイドは単品契約できるのですね。
で、ストロイドの単品契約は月額9800円なのですが
ストロイドも使えるオークファンプロplusは月額10800円と
たった1000円しか変わらないわけですよ!

じゃあ、オークファンプレミアムが980円ってことを考えたら
オークファンプロplusにした方がいい。

という結論に至り、ストロイドも使えるオークファンプロplusにしたわけです。

>>ストロイドも使える【オークファンプロPlus】

ストロイドを一言でいうと

『ヤフーショッピングのセラーデータを抜くツール』

ということになりますが、

じゃあヤフーショッピングのセラーデータを抜くとあなたにどんなメリットがあるのか?

を解説していきます。

 

ストロイド(Storoid)を使うメリット

ストロイドはヤフーショッピングのセラーデータを抜けるのですが

ヤフーショッピングで売れるものは当然、
世の中のネットショップ、楽天市場、Amazonでも同じように売れますね。

販売傾向が似たようなモールですので
ヤフーショッピングのデータがそのまま楽天市場やAmazonにも応用が効く。
いうなれば、「EC市場全体の動向が掴める」ということです。

ですのでこのような方にストロイドは導入をお勧めします。

  • Amazonやメルカリ、ヤフオクなどで販売しているけどもっと収益を拡大したい
  • 収益を拡大したいけど何を売ればいいかわからない
  • 副業なのでリサーチに時間をかけたくない
  • 中国輸入やOEMをやりたいけど何を作れないいかわからない
  • とにかく成功の解答がほしい
  • 競合他社のセールの状況を知りたい
  • 売れてるショップの解答をこっそり見たい
  • 自分のショップのデータを分析したい

ストロイドのデメリット

はい、これは費用がかかる

これだけですので、実際に使って利益に転換する方には
何十倍、何百倍にも恩恵がありますが
このネットビジネス業界特有の
買うだけで何もしない人には意味がないです。

ストロイド使い方

まず、ストアを分析して丸裸にしてしまいましょう。

あなたが売りたい商品が本当に売れるのか?
を検証していきます。

ここでは例として「イヤホン」を挙げてみます。

ストロイド使い方

過去の販売個数の多い順ではこのように出てきました。
そうすると、実際にデータを読み解きます。

まず

  • 売れるタイトルの付け方
  • 売れる価格帯
  • ストア名
  • 昨日の販売個数⇒1日422個ってヤバくないですか?
  • 過去3か月の販売個数⇒驚異の3万個超え
  • 過去3か月の売上⇒5800万円!

このような感じで「イヤホン」というキーワードだけで
わかりますので、市場規模やどのようなデザインが売れるのか、
何個くらい売れるのか?つけるべき価格帯は?

このストアが他に何を売っていて、何が売れてるのか?何が売れていないのか?
全てわかるわけです。

ストア分析

ストロイド

さらに売れてるストアが分かれば詳細に分析していきます。
ポイント付与の販売戦略までわかりますし
過去3か月間で1億2000万円も販売していることまでわかります。

ということは

あなたも同じ商品を仕入れるか?
もしくはレビューの内容を見て
どんな付加価値を付けてOEM商品を作ればいいのか?

またそれが、どのような規模で売れるのか?
扱うべきか、やめるべきか。

といったことが事前にわかります。

Amazonせどりへの活用

多くのライバルせどらーは「モノレート」しか見ないですよね。
だからモノレートで出てこない商品は
「売れない」
と判断して仕入れも販売もしませんが
そこがブルーオーシャンです!

例えばあなただけストロイドを使用し
ヤフーショッピングで売れていることが分かれば
Amazonに新規カタログを作成して独占して売ることも可能です。

ヤフーショッピングで売れてるのにAmazonで売れないことはありません。
このように「売れる商品」の解答を見つけられることは
成功への鉄板なのです。

初月無料でお試しできます。

>>ストロイドも使える【オークファンプロPlus】

 

無在庫転売への活用

例えば、無在庫転売をしている人って
仕入れをしないで出品するので、

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」

の精神で行いますよね。

その代わり膨大な作業量があるわけですが・・・

でもあらかじめ「売れる商品」だけに的を絞ることで
作業効率もあがります。

 

まとめ

オークファン利用者数

物販は真似をするだけで稼げる

これはこの業界の常識ですし
どこの企業も売れてるものを真似して業績を伸ばしています。

オークファンの公式にあるように
利用者数は「3万人を突破」ということです。
オークファンの資料を見ると有料サービスの利用者は5万人を超えています。

つまり、有料ツールを利用しデータを分析している本気の猛者何万人を相手に
あなたは独学や無料ツールで勝てますか?

という話ですね。
また有料ツールをそれだけ多くの事業者が利用している。
という事実はそれだけ費用対効果に見合っている。という証拠です。

これを真似をせずに我が道を行くのは資本力のある強者の戦略です。
我々のような個人ビジネスや中小企業の弱者は
データを分析しリスクを減らしながら賢く立ち回る必要があります。

このような情報を見ることで
月収100万円がいかにショボい世界なのか?

億を稼ぐセラーが大勢あなたに黙って秘密裏に稼いでいるか?
が分かるのではないでしょうか。

 

あなたも闇雲にリサーチをするのではなく
ツールで効率よくビジネスに取り組み
ぜひ、大きなステージへ羽ばたいてくださいね。

初月無料

>>ストロイドも使える【オークファンプロPlus】

 

 

脱転売でステージアップしませんか?
そんな世界の無料メルマガはコチラです。

 

この記事が参考になれば「いいね」お願いします^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
サトシ
過労死レベルの会社員からカメラ転売で脱サラ! 稼ぐ生徒を量産する副業起業大学学長、別名:神速スクール 累計生徒数300名以上、累計メルマガ読者7000名超え 収入を増やし自由になる仲間を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© サトシの神速カメラ転売 , 2019 All Rights Reserved.