Amazonせどり、メーカー卸仕入れの方法

こんにちはサトシです^^

私はヤフオクでのカメラ転売以外に

中国輸入、Amazon販売、メルカリ、無在庫、ebay輸出入と

規模の大きい小さいはあれど、販路の拡大、扱うアイテムを増やす!

ということを収益の最大化のために日々取り組んでいます。

 

それぞれ、有料の塾やコンサルを受けて学びましたが
やはりその道のプロに教わるのが一番手っ取り早いです。

 

逆にコンサルも受けずに独学の人はいつまで経っても足踏みして
全然成長しない!稼げるようにならない。

 

メーカー仕入れを意識し始めてこのページにこられたあなたなら
もうすでによくおわかりいただけると思います。

そんな安定した仕入れと収入の柱を構築するのに必須の
メーカー仕入れや外注化の情報をメルマガでご案内しますし

希望者には私が受けた成功者続出のコンサルもご紹介可能です。

あなたの将来の希望や展望に合わせて
取り入れていただければと思います。

 

■せどり・上流仕入れが必須

物販業界その中でも最近、「上流仕入れ」と言われるものの中で

 

メーカー仕入れ、卸からの仕入れ!

この方法の需要が高まっています!

というのもすでにAmazonせどりをしている人は
体感されていると思いますが、せどりの規制が厳しくなり

真贋調査やメーカー規制、新品販売の規制など

もうそこらのヤマダ電機で仕入れて転売という図式が
なり立たなくなってきています!

ということで、2018年これからのAmazonせどりは
「メーカー仕入れ」が必須の時代に突入しています!

 

事実、儲けの感度の高い人は初心者であっても
早々にメーカー仕入れを取り入れていますし

収益の自動化、安定を手にする人も増えてきていて

せどり業界でも「収入の格差」

稼げる人と稼げない人とに二極化かしています。

ということで、今回はメーカー仕入れについてまとめてみますので
楽しみにしていただければと思います。

 

■メーカー仕入れのメリット・デメリット

まずはそもそもなぜ、メーカー仕入れが必須なのか?

あなたがAmazonせどりをするうえで必要になるのか?

メリットデメリットを解説します。

 

メーカー仕入れのメリット

①一度取引が出来たら半永久的に仕入れが出来る

つまり、そのメーカーの商品が売れ続ける限り
利益が今後出続けるということです。

 

②メールやファックスなど発注だけで仕入れが完結する

これにより一日パソコンに貼りつく電脳仕入れもツールに頼ることも
日々、店舗せどりで自分の労働を切り売りして仕入れをしなくて済みます。

 

③アマゾンの規制にも対応できる

メーカーや卸の請求書や真贋調査、規制の対象外となります。

 

④仕入れ値が安くなる

基本的に仕入れ値が下がるので利益が増えます。

 

⑤対外的に信用度が高くなる

せどらー・転売ヤーというと、いくら稼いでいようとも
残念なことに世間的には「ただの怪しい人」です。
子供さんもお父さんを誇らしく感じはしないでしょう。
そういった社会的地位を気にする人は脱転売を目指すべきです。

 

⑥脱転売ヤーから実業家へ

転売、せどりで得られる収入にはどうしても構造上限界が低く存在します。
ですが同じ物販というくくりでも実業家としてビジネスに取り組む方の
収入はまさしく青天井となります。年収1億も目指すことが可能です。

 

 

デメリット

①構築に少し時間がかかる

※一般のカメラ転売やせどりのように、その日で仕入れが出来て、
利益が出るという形でない。

前段階として「契約」が必要になる。

ただ、開拓したメーカーは積み上げ可能な資産となるので、
仮に月1万利益の会社を10社開拓したら、
それからずっと毎月10万円の利益を、面倒な仕入れ不要で
得られるということになります。

 

②現金取引が多い

月末締め翌月末払いも多いですのでそこまでのデメリットではないかと思いますが
現金ゼロの人だと、ハードルがあがりますね。

 

■メーカー仕入れの流れ

  1. リサーチをする
  2. メーカーとコンタクトを取る
  3. メーカーと契約する
  4. メーカーから仕入れる
  5. 在庫が減ったら発注する

という流れになります。

この中でも最初だけ大変なのが

リサーチとコンタクトの部分です。

ここだけはやったもん勝ち、数あたってナンボ!

になるので、ここは外注さんを使っていきます。
外注さんを使う方法、丸投げで契約を取る方法もあります。

 

このメーカー契約数が増えれば増えるほど利益が増え、安定します。
その分、契約数を増やすためのコンタクトを取らないといけないので
そこは外注化して楽してしまいましょう!

そんな方法はメルマガから案内してますので
お気軽にご登録ください。

メーカー仕入れ外注化の方法メルマガはコチラ

それではよくある疑問についてお答えしていきます。

 

 

■仕入れロットはどれくらい・仕入れノルマは?

メーカーとの取引!

となると、つい尻込みしてしまうのですが
その理由が「大量仕入れしなくてはいけないのでは?」

とつい思いがちですよね?

1品当たり、数百万円、100ケースと単位で
仕入れをしなくてはいけないのではないか?

この心配は必要ありません。

メーカーにもよりますが、6個入り1ケースとか

1万円、2万円などで取引可能なメーカーもたくさん存在します。
小資金の個人でも仕入れ可能なメーカーもたくさんあるので
安心してくださいね!

また、仕入れノルマもありません。

なので契約しても仕入れる必要がなければ仕入れなくていいし
儲かるものが売れたら必要なだけ発注して仕入れたらいいのです。

 

■メーカーは現金取引なの?

カメラ転売やAmazonせどりを始める人は副業からの参入が多く
99%以上がクレジットカードで仕入れをしていると思うのですが
ごく一部のメーカーを除き

基本的には現金取引のメーカーさんが多いです。

メーカー取引の場合は、大きく分けると

1 代引き支払い

2 銀行振り込み

3 末締め翌月末払い

が多いようです。

 

3番目の末締め、翌月払いのメーカーさんは割と多く
この場合はクレジットカードでの支払いタームとほとんど変わらないですね。

現金払いの場合でも商品を仕入れてから支払いまで、
最長60日ありますので、仕入れ量も売れる量だけを見極めて
仕入れればキャッシュフロー的に問題ないのでご安心を!

 

■個人ですが契約できますか?

メーカー仕入れは「法人」しか相手してもらえない
そう思ってる人意外と多いですよね!?

でも個人でも全然契約してもらえます!

中には「法人のみ」というメーカーさんも一部あるのですが

よほどの大メーカーじゃなければ、個人でもお取引可能なことが多いです。

世の中の商店街など商売されてる小売店を見ればわかるのですが

「法人格」を持ってるところより「個人商店」の方が
圧倒的に多いですよね!?

でもその個人商店はメーカーや卸から仕入れてるわけです。

メーカーや卸も「売ってもらって商売が成り立ってる」ので

売ってくれるところを探しています。

そもそもメーカーが個人事業の場合も存在しますので
そこは難しく考える必要はありません。

ただし、個人事業の開業届を出してない人は
断られますので、そこはしっかり商売人らしくやっておきましょう!

 

 

■リサーチとはなんですか?

今回のメーカー仕入れでのリサーチは

Amazonせどりやカメラ転売のように価格差を調べるのではなく

「何が売れるのか?」「どこのメーカーと取引きすればいいのか?」

などのリサーチとなります。

詳しいことはトップシークレットなのでメルマガからご案内します。

 

 

■ネット販売禁止の対応策

メーカーの中には面白いことに実店舗でのみ販売許可を出すところも存在します。

つまり、Amazonやネットショップで販売してはいけない!

ということですね。

なぜ、このようなことが起こるのか?

「売れるならネットでもどこでもいいじゃん」

という人もいると思うのですが

私が思うには主に「イメージ」です。

例えばネット販売する人はメチャメチャしますよね!?

メーカーが定めた希望小売価格より

「プレ値だ!」って高くする人

すぐに価格競争で値下げする人。

こうなると、メーカーの商品としてはイメージが悪くなるんです。

通常のお店では定価を守り9800円で販売してるのに

Amazonせどらーは「薄利多売だ!」って6800円で売りまくる!

こんな自分勝手なことをされたら、
他の一般店舗で買う人はいなくなるので困りますよね!?

メーカーによりお断りの理由は様々あるのでしょうけど
その対策方法・裏技もメルマガからご案内します!

ただネット販売を断られたら他所と契約したらいいだけなので
スルーで構わないですけどね!

だって日本のメーカー数はいったいいくつあると思ってるの?

35万軒!!

正確な数字はわからないですが、メーカーの数は膨大にある!
ということです。

 

■メーカーとの契約方法と契約料

コンタクトを取りメーカーから契約の申請が通れば

取引開始のことを「口座を開く」と業界では言うのですが
口座を開くにあたり、契約書の交付のところもあれば

メールや電話対応みたいな口約束?
的なので済むメーカーさんも存在します。

こういうところ以外と多いですね。

また、メーカーとの契約料ですが・・・

小規模なメーカーで契約料とか保証金はまずありません。

 

 

■掛け率はいくら?上代・下代とは

※掛け率とは

小売予定価格(定価)に対する卸値の割合のこと。
メーカーや卸の掛率いわば「卸値」は、
小売店の過去の取引実績、関係などに応じて、
小売店ごとに設定されている場合が多いが、
そのときの購入量や商品によって変更されることもある。

例)1000円の商品価格の物の「掛け率4掛け」と言うときは、
1000×0.4=400 
仕入れ値は400円ということです。

定価のことを上代といい、仕入れ値のことを下代と言ったりします。
(別途請求書で消費税が加算される場合もあり。)

ということでメーカーやあなたの実績、扱うロットなどにも
よるのですが、3掛け~7掛けが一般的です。

場合によってはメーカーから仕入れる方が
ドンキなどの赤字覚悟の在庫処分セールより高い場合もある。

 

■メーカー仕入れの利益率は?

 

これも扱う商品は多岐にわたり一概にひとくくりではいえないですが

だいたいAmazon手数料を引いて20%取れたら合格ライン
というところですね。

中には利益率40%50%というものも存在するのですが

一般的な店舗せどらーの商品と比べて比較的価格競争に巻き込まれず
確実な利益になっていくことを考えると15%程度でも十分ありといえますね。

まずは利益率より儲かる商品を持つメーカーを探すことを始めましょう。

 

■せどり・物販初心者は無理?

基本的にメーカー仕入れに経験は不要です。

仕入れて販売して儲かるのか?どうか?

そこを計算できる必要はあるのですが

 

メーカーとの契約に当たり、

「あなたは初心者ですね、お断りです」

ということはありませんので、ご安心ください。

メルマガの中では、初心者から契約を取り稼ぐ方法も
案内されますよ。

 

 

■メーカー契約の固定費用は?

普通のAmazonせどりをする環境。

パソコンやインターネットが準備されてることは前提として

・名刺費用 1000円程度

・電話とFAX 月1500円くらいかな?

・HP作成 無料から

これくらいでしょうか。
特別高額が必要なものはないので安心してメーカー取引してくださいね。

 

■メーカーの人と直接会うのですか?

メーカーによりますね。
たいていの場合はメールだけで契約完結することがほとんどですが

稀に会って話を希望される場合もありますが
その場合は駅近くの喫茶店などで待ち合わせて面談すればいいので
事務所が必須というわけではありません。

逆に会う場合はあなたが変な人じゃない限り
契約できますので、これも安心ですね。

 

 

■メーカー仕入れは飽和しないの?

飽和はあり得ませんね。

というのも、なんだかんだいって

メーカー仕入れは腰が重い人が多いです。あなたもそうじゃないですか?

 

メーカー仕入れを難しく考える人いますけどこんな感じですよ

//////////////////////////////////////////

飲食店でバイトをしていて

ビールの配達がある。

酒屋さん「次の納品はどうしましょ!?」

バイト「また電話しますね」

酒屋さん「毎度おおきに!」

 

/////////////////////////////////////////

ねっ?かんたんでしょ!?

というかごく普通のことですよね。

メーカー仕入れっていわばこんなものですから
バイトさんでもできる、やれば簡単なことなんですが

いざ、Amazonせどりからメーカー仕入れ!
となると難しく考える人が多いですよね。

 

なのでやる人は極端に少ない!!
というのが一つ。

 

また、契約できるメーカーさんも日本中に30万件とも
40万件とも言われてますし

世界にまで視野を広めれば星の数ほど存在します。

メーカー仕入れコンサルの方では海外メーカーとの取引なんかもあるので

「発注だけで世界中から商品を仕入れたい!」

そんな人にはコンサルもおすすめですね。

 

 

 

■展示会仕入れ

メーカーさんは常に販路を開拓するために

展示会への出展をしています。

メーカーさんは優れた商品を開発するのが仕事ですが
それを売ってくれる販売店がなければ話にならないわけで

あなたのように上流仕入れをしたい人を展示会で探しているのです。

日本でも頻繁に展示会はありますし

世界でも展示会はあります。

世界の展示会情報はJETROなどを見るといいですよ


私は香港、上海、などの展示会に行きますが

フランスやドイツの展示会に行かれる日本人も
割と多いです。(お洒落ですよね!)

 

日本の展示会は気軽に参加出来て日本語で
話が通用し、優秀な日本製品と出会えるので

ぜひ一度は展示会に行くことをお勧めします。

展示会の立ち回りなどはメルマガやコンサルなどでも
お伝えしますので、お気軽にメルマガにご登録ください。

メーカー仕入れ外注化の情報はこちらのメルマガ

 

 

■ネットビジネスで総合的に稼ぐなら?

私のメインメルマガ

「カメラ転売で年収1000万」

にご登録ください。

こちらはネット初心者からカメラ転売で月収100万まで到達する方法や

不動産、金融、中国輸入、小資金からフリマで稼ぐ方法、アフィリエイト

情報発信で稼ぐ方法など、様々な稼ぎ方、人生成功法則など

様々な入り口となっています。

成功者続出のカメラ転売メルマガはコチラ

 

いつか一緒に展示会などでお会い出来たらいいですね^^

 

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!

Twitter で