こんにちはサトシです!

 

昨日紹介のカメラ転売ブログ見てくれましたか?

私よりよほど読みやすい文章だし、
いろいろ裏情報があるので読みやすく面白いと好評のようです^^
まだの方はコチラ

★震度7の熊本震災にも負けず月収50万を在宅で稼ぎ続ける子育て主婦

 

昨日はその他生徒さんで「お金がなく公園をブラブラする毎日だった」という
自称ニートの若者が利益50万達成したり、、、

 

私がお勧めした仮想通貨で一晩で13万稼いだ人、、、

 

などなどうれしい報告がドンドン入ってきます^^

 

 

という一方で面白い話もあるんですが、、、

 

先日、カメラ転売で「月収100万円稼いでいます!」という人から
コンタクトがあり、「相談したいことがあります」というので
ちょうど時間があったので会ってあげました。(上から目線(笑))

 

相談の内容はともかくとして、、、

 

その中の一つに

「収入を増やしたいのですが何がいいですか?」

というのがあり、

 

「ステップアップするなら不動産がいいんじゃない?」

 

という提案をしたんです。

 

それで、「あっ!そうだ」と思って

 

私「7月28日からバリ島の不動産視察ツアーがあるからおいでよ」

って声をかけてあげたんです。

 

すると、その自称月収100万の彼は

「いや、行きたいのですけどチョット無理です」

と言います。

 

ん?

 

私「忙しいの?」

彼「いえ、時間はあるんですけど、、、」

私「なんか用事あるの?」

彼「実はツアー費用が出せないんです、、、」

私「いつから月収100万くらい稼げたの?」

 

と聞くと、

 

彼「とても言いにくいのですが、、、」

「実は、、、」

 

 

もう最後まで言うのは止めておきましょう。

 

 

そこからは初対面の彼に説教タイムですよ。

 

そんなので、コンサルとか募集して恥ずかしくないのか?

バリ島程度に行けない生活水準で満足するのか?

そんな人を量産して楽しいのか?

 

 

だって、そう思いませんか?

普通の会社員の方ならいざしらず

「稼いで自由で~す!」

「カメラ転売最強です!」

「あなたも自由になりませんか?」

「今度お茶会します、セミナーします」

「コンサル生と仕入れ同行しました」

とか言いながら、

 

 

自分は実は稼げていない、、、、

 

 

まあ業界あるあるですけど、こんなアホな話あります?

 

 

もうこの人はさておき、、、、

 

 

私が最近よくいく、香港、シンガポール、バリ

 

私の知り合いも皆さん「いいなぁ」って言うんですよ。

 

じゃあ行こうよ!

 

って話なんだけど、

 

これ、あなたもよく考えてほしいのですが

 

ほとんどの人がこう言うんです。

 

「俺はお前と違って忙しい」とか

「そんな旅費出せねぇよ」とか

「会社が休めない」、、、

 

1位 お金がない

2位 お金がない

3位 お金がない

4位 お金がない

5位 時間がない

 

これ、本当によく考えてほしいんですけど

「お金がない!」

 

それはよくわかりますよ。

私自身、カメラ転売をするまでは

新幹線のグリーン車がいったいなんのか?すら知りませんでしたし

パスポートも持っていませんでしたし

海外に自分が行くようになるとも思っていなかったですから

財布に500円あるかないか?

とにかくクレジットカードが使える店しかいかない、、、(笑)
という毎日でしたから、、、

 

 

おそらく、あのまま会社員としてしがみついて

カメラ転売の道に進まなければ、今でもあの時のまま!!

だったはずなんです。

 

でも、よく世間を見渡して見てください。

 

バリ島なんて、世界中から観光客が押し寄せています。

もちろん日本からもデカいサーフボードを持った若者が
大勢、訪れています。

 

韓国なんて、中高生の女の子が友達同士で気軽に
遊びに来ていますよ。

 

アジアだけでなく海外に気軽に行く人なんて

毎日毎日「山盛り」いるわけですね。

人気のハワイに家族で行けば1回100万円で足りないんですよ。

 

 

ここが大事なポイントです。

 

海外に行く行かないはただの一つの例ですが

 

社会基準を見渡した時、周りの人が出来ていることを

「経済的理由で自分は出来ない」って恥ずかしくないですか?

 

 

!!

 

何が恥ずかしいんじゃ!!

一生懸命生きてるんじゃ!!

 

って怒りだす人もいるかもしれませんが

 

私個人的には「とても恥ずかしい」です。

 

 

私はこの言葉を胸に生きているのですが

 

「生まれたときに貧乏なのは仕方がない
でも死ぬときに貧乏なのは自分のせい」

 

昔の封建社会の時代ならいざしらず、身分制度もなくハードルも低く
インターネットが出来たおかげで誰でも自由に稼げる時代において。

 

貧乏を自覚したままなんの行動もせず
勇気もなく、ビクビクと「俺は貧乏なんだよ」って

「開き直って生きること」
がとても恥ずかしい!わけです。

 

だって、誰でも稼げるんですよ!

勇気がない、根性がない、努力を怠っているだけなんですよ!?

 

そりゃ、恥ずかしいでしょう?

 

私の元同僚で会社員当時このように話す人がいました。

「自分の奥さんがユニ〇ロとかしま○らとかで服を買わないといけないとしたら、、、そんな恥ずかしい生活絶対にさせたくない!」

価値観は人それぞれでしょうけど、「そう考えている人もいる!」のは確かです。

 

今や中学生でも「史上最強」となる棋士もいますよね。

わずか5歳でも1日10時間もの練習で大会を制覇するゴルフ少女もいます。

卓球も日本人初の快挙の高校生

 

これを達成するのは何年も常人では考えられない努力を
してきた結果といえるでしょうが

 

副業で30万、50万稼ぐなんていまや「当たり前」でしょう?

 

ネットビジネスなら月数百万稼げても当たり前!
なんですよ。

 

これは「すごいこと」ができたわけではなく

普通の業界で頑張ってる当たり前のことを
レバレッジの利く、インターネットビジネスを活用しただけ。

で、ごく普通のことなんですよね。

 

 

つまり稼ぐことは「普通のこと」なんですよ。

 

何かベンチャー企業でも作って成功させたなら
それはすごい偉業だといえますけどね。

 

稼げた!俺すごいだろ!!

じゃないんですよ!

 

 

ネットビジネスにおいて稼ぐことは当たり前!!

 

なんにも偉くもない。

 

 

むしろ取り組まずに開き直ってビビッてるだけのオッサンとか
恥ずかしい以外のなにものでもない。

 

 

家族をもって、養う責任があるにもかかわらず

努力を怠るような奴は恥以外の何物でもない!

 

と私は厳しい言い方ですがそう思っています。

 

「お金がないから行けません」

 

じゃなく

 

「行くためにどうしたらいいのか?」

を考えろよ!!ってことです。

 

そのまま死ぬまで一生それでいいのか?

 

さあ、あなたはどうですか?

 

「自分には無理」

と諦める人間ですか?

 

それとも

「できるために何をするか?」

を考え実行しますか?

 

 

今日もお読みいただきありがとうございました

 

 

 

カメラ転売で稼ぎまくるメルマガはコチラ

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!