こんにちはサトシです^^

相談メールいただく中で

中古品で儲かる理屈がわからない!という人が結構います^^;

「中古品を買うくらいなら新製品を買うでしょ!?」って人です。

中古品を専門にしているお店なんて今や日本全国にありますよね?

ブックオフとか中古車屋さんカメラ屋もそうだし

リサイクルショップなんてそこらじゅうにありますよね!

なぜ中古品で儲かることが理解できないのか?私の方が不思議なのですが

はっきりいって新品販売より中古品の方が「うまみ」が多いといえます^^

 

なぜなら新品商品というのは定価や相場が形成されていて

どこで買っても同じものが同じような値段で手に入ります!!

仕入れ値もある程度安定していて、仕入れ値が同じということはあとは

いかに利幅を狭めて安く売れるか?の価格競争になります。

だってどこで買っても同じものなら少しでも安いところで買いたいのが

消費者の真理でしょう!?

ですから販売する側は値下げをして、いかに安く売るか?しか差別化を図ることができないため

利幅が小さく薄利多売の傾向にあります!!

アマゾンせどりなどで配送を早くするからとか

カートを取得して他人より高値売りと言ってもたかだかしれています。

 

基本的には他の出品者と価格競争になり1円下げてまた1円下げて

いかに1円でも安く売って「最安値の販売者」として目立てるか?です

 

さらには新品は新製品が開発されると値打ちが無くなり

相場が一気に下がります!!

仕入れ値は安定しているのに売値が下がってしまえば、それはただの在庫処分となり

赤字を垂れ流すしかないわけです^^;

 

しかし、中古商品というのは商品のコンディションは千差万別です!!

しかも欲しくとも現在生産されていないことも多いので

世の中に現存する数も限られています!!

 

状態はバラバラだし、古いものにこだわって欲しい人もいれば

新製品にしか興味を示さない人もいますよね!?

 

ですから今回のタイトルのようなことが起こります!!

「ファミコンソフトに1180万円!」

国内で500円くらいで手に入るかもしれないソフトが

ebayでこのような1180万円もの値段が付いているそうです!!

ヤフーニュースはコチラ

 

普通にこの現象を知らなければ500円でもタダでも欲しくないような

ファミコンソフトが欲しい人からすればいくらお金を出しても構わないほどの

値打ちを生み出しているのです!!

それを欲しがるのが「コレクター」と言われる存在です^^

 

ここまで大化けする商品を手にしたことはありませんが

カメラ転売でも同じようなイメージで利益を出すことが出来ます^^

 

私は1000円を4万円

2万円を12万円

6万円を18万円

7万円を20万円などのように利益を様々出してきました!!

 

これは中古品特有の「人によって感じる値打ちが違う」という特性を利用したビジネスです^^

要らない人もいれば欲しい人もいる!!

その考え方を利用した最たるものが「リサイクルショップ」ですね!!

 

人が不要になったものをタダ同然、もしくは処分費用をいただいて仕入れて

欲しい人に高く売る!!

1番利益が出る美味しい商売です^^

 

ただリサイクルショップは売れる商品を見つけないと

在庫の山になってしまいます^^;

 

そのリスクを無くしたのが「カメラ転売」です!!

わずか1日から3日で売れる人気商品「中古カメラ」を扱うことで

在庫リスクを無くし、資金回転を高めて複利で利益を増やしていく!!

 

まさしく最強転売です^^

相場の中だけで利幅を抜く!!

この手法はほとんどの転売屋さんの手法でしょうけど

これだけではまだまだ甘いです^^

相場の価格差だけではなく

商品の値打ちを自分で作り出せるようになれば

真のトップセラーとして稼ぎが増やせるでしょう!!

 

これが本当に理解できればカメラ転売だけでなく

あらゆるビジネスで他人に左右されない価値をお客様に提供できて

売上、利益をいつでも思うように作り出すことが出来ます!!

 

今日もお読みいただきありがとうございました

サトシ流カメラ転売塾の詳細はコチラ

 

無料メルマガにご登録いただければ15万円儲かるリストをプレゼントしています!1日でも早く稼ぎたい方はお気軽に登録してください!