■カメラ転売の実情

こんにちはサトシです!

 

私は神速カメラ転売スクールを運営している関係と
多くのメルマガ読者さんからの相談があり
ここ4年以上、カメラ転売に関わる様々な人を見てきました。

その中で明確に感じることがあるのですが

 

年々、「基準が低い人が増えてる」ということです。

 

つまりどういうことか?と昔を振り返りながら言いますと

 

 

私がカメラ転売と出会った2013年

あの頃はカメラ転売=月収100万円を目指すもの!

 

であり、月収100万未満はまだ半人前。
という価値感が一般的でしたので

 

私も月収100万円を超える、9か月間くらい!?

「まだ100万行かないの?」と

先輩に出会うと肩身の狭い想いをしたものです。

 

 

 

それから数年、、、

 

■カメラ転売戦国時代

カメラ転売のみならず、アフィリエイトでも
せどりでも、少し稼げたら情報発信しましょう。

という塾が発売されはじめ、それから元々の物販を
ないがしろにして、実力不十分の人達が情報発信をし始め

そこから「ノウハウ」を教えるだけ「教材」を渡すだけの
自称コンサルが乱立し始めました。

※コンサルとは問題発見して解決に向けての提案、実施をすることです。

 

■その結果、、、

 

月に10万、30万、50万程度を

初心者が勢いだけで稼げてしまうカメラ転売において

「教えますよ」と初心者に毛が生えたレベルの実力不足
カメラ転売コンサル先生が流行ったので

それに伴い、カメラ転売で稼ぐ目標値もドンドン下がっていきました。

 

カメラ転売で10万、30万稼ぐなんてのは
当たり前レベルなのですが、その程度で

 

「すごい!私の生徒が大成功しました!」

 

なんて、自分の宣伝のために持ちあげるもんだから
それで満足する低レベルカメラ転売ヤーも増殖しちゃいました。

 

もちろん稼ぎたい金額は人それぞれですから
10万30万で満足ならそれでいいのですが

業界全体を見たときには悪影響が出ています。

 

 

■カメラ転売ゆとり世代

 

カメラ転売で月収100万円を目指していた時代は
やはりかなりストイックでした。

良い部分、悪い部分はあると思いますが
それでも稼ぐ力を身に着ける、稼ぐ基礎体力を上げるためには
必要なことだったと思います。

 

そこからゆとり世代になると、30万程度で満足しちゃい
30万円程度でも会社のお給料より多い人達もいるため

それで満足、楽勝、かんたんに稼げる。

 

 

それはそれでいいのですが、、、

 

やはり

あの厳しい時代を経験した私からすると
今の人は目標値が低いし、楽しすぎ、向上心無さ過ぎ、、

という感じがします。

 

 

1日30分1時間程度で生活出来ちゃうものだから
楽しちゃう、これは人間の性なので仕方がない。

 

 

最近は全然根性だして頑張る人が少なくなった!
そんな気がしています。

 

■稼ぐ力が育っていないので

そして一部の人は実際カメラ転売収入30万程度で退職して
カメラ転売専業になるわけですが、、、

それだと毎日が暇。

そしてもっとお金が欲しい。

 

ということで、他のビジネスも兼業しようとするのですが

なんせ、稼ぐ地力がついていないので
応用も効かなければ根性もない。

今まで楽して稼いで来た分、他のジャンルの稼ぎでは
全く通用しない!ということになってしまうわけです。

 

 

■サトシからの忠告

日本人の平均所得が下がっているいまの現状だと
月収30万円でも夢物語という人もおられるようです。

また、月収100万円あればお金持ちだと勘違いしている人もいますが
副業で100万コンスタントに稼げるならずいぶん余裕があると思いますが

カメラ転売本業で月収100万円なら、、、
独身ならいざ知らず家族持ちなら、、、

 

月収100万円なんて、普通の暮らししかできないんですよ^^;

その収入のまま10年過ごしてきたならいざ知らず
今まで貧乏暮らしで貯金もなかった人達が
カメラ転売ヤーで稼ぐ人には多いじゃないですか!?
(私も含めて)

 

それだと月収100万なんて、なんてことない!
稼ぎを維持し、お金を増やし、守る!

をしなければ、全然余裕なんて生まれないんですよね~

 

■目先だけでなく先を考えて動く

カメラ転売は短期間で成果が上がりますから
初心者にはもってこいなことには変わりありません。

ですが、カメラ転売で月収100万円いくかどうか?
はさておき、複数の柱を構築しながらトータルで100万円稼ぐ!
というのもアリだと思いますし、その方が早い場合もあります。

 

 

それを頭で考えていたら、「昔はもっと頑張ってたよな?」
とよぎって、以前の生徒さんの報告を見返していました、

 

するとやはり2か月目で月収78万とか行く人いて
ものすごく頑張ってたんですね!

目標値も100万どころか億単位を狙ってるので
カメラ転売で稼いだお金を種銭にして
ドンドン増やしていけるんですけど

 

こういう人はその先もドンドン進めるのでいいのですが
行動が遅い人はドンドンチャンスを失っていくので
そこがもったいない!わけですね。

 

 

■カメラ転売から投資家へ

ロバートキヨサキ氏が提唱するように「E・S・B・I」

Eの従業員からSのカメラ転売でスモールビジネスを始め
(労働収入)

目指すべきは権利収入の
B ビジネスオーナー にI インベスターが究極系だと思うんですね。

 

実際問題そうじゃないと、月収100万から500万1000万と
カメラ転売だけで増やすのは難しいですし、しんどいです。

 

カメラ転売だけで会社員から脱出は簡単ですし
1日10分1時間程度で月収60万、100万も稼げるでしょう。

 

でも、自由な時間は増えたけど

まるまる1か月海外に自由に行っても稼げるか?
といわれれば難しいでしょうし

※写真は神速カメラ転売でゆったり稼ぎバリ島の別荘でくつろぐ生徒さん

完全不労所得にできてる人は私を含め
業界全体では相当少ないと思います。

 

ですがある程度カメラ転売で種銭を作り
リスクの無い投資(実際にあります)

などで投資家を目指せば、真の自由が手に入る!

 

 

どこにいても収入が自動で手に入り

それがドンドン増えていく。

 

そんな風に真の自由を獲得することも可能ですが
レベルの低い人と付き合うと、

そんな道筋が全く見えてこない!どころか
途中で道がなくなって死んじゃうかもしんない。

 

ってことなんです。

 

ですからこれをお読みのあなたもぜひ、
目標値は常に高くもって、真の自由を手にしていただきたい!
と私は考えています。

 

今日もお読みいただきありがとうごいました。

 

 

月収100万円を量産するカメラ転売無料メルマガはコチラ

 

 

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!