稼ぐ力を身に着け自由を得るという生き方

副業に最強の電脳せどりカメラ転売

今すぐ無料でノウハウをゲット!

カメラ転売が最強せどりな理由とメリットデメリット

サトシ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サトシ
過労死レベルの会社員からカメラ転売で脱サラ! 稼ぐ生徒を量産する副業起業大学学長、別名:神速スクール 累計生徒数300名以上、累計メルマガ読者7000名超え 収入を増やし自由になる仲間を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

カメラ転売が最強せどりな理由とは

こんにちはサトシです^^
正直、カメラ転売には飽きています(笑)

 

なんで飽きてるのか?って???

 

カメラ転売は簡単すぎるのと、覚えることも少ないし

単調だし、特別カメラが好きというわけでなはないし

これだけで月に1000万稼げそうじゃないからです^^;

 

他のビジネスよりは比較的簡単に稼げるので

カメラ転売をメインにしていますが、私は他にもいろいろ扱っています。

 

具体的には他の市場はニッチなので真似されると嫌なので

公開しませんが(笑)

・ギター・アンプ・時計・トレカ・スマホなどなどいっぱいありますね

 

とにかく、カメラは最強だけど儲かるものは他にもたくさんある!

ということです^^

 

■好きなことではなく儲かることをやればいい

 

あなたはカメラ転売好きですか?

Amazonせどり命ですか?

 

人によっては目標の置きどころを

「やりたいこと」

「売りたいもの」

にする人がいますが、これだと自分がやりたいことや

売りたいものが世間の需要とマッチしているかはわからないので

非常に商売成功のハードルが高くなり、成功率は低くなります。

 

なので、ビジネス初心者であればやりたいこと、売りたいもの

はひとまず置いておいて、売れるもの

儲かるものにフォーカスした方が格段に成功確率が上がります^^

 

 

■転売ビジネスの原理原則

この世の中、安く仕入れて高く売る!

というせどり転売ビジネスの中でも

ビジネス自体は似ているけど、販売プラットフォームが違う

扱う商品が違う、などで

成功できる難易度や稼げる金額が大きく変わったりします。

で、今回は私の知る限りどんな販路

どんなせどり、転売手法があるのか?

それぞれの難易度について解説してみます。

 

 

■転売せどり一覧

 

ここではいろんなタイプの転売、せどりの特徴と

メリットデメリットを解説してみます。

あなたに何が合っているのか?参考になれば幸いです

・Amazonせどり

1番メジャーに知られている、参入者は10万人規模
トップセラーの多くは実は中国人!

中国人の販売量は半端なく、実際のところ
Amazon自体も中国で誘致セミナーを行い
Amazonジャパンで販売するようにし向けています。

扱う商品を「本」「DVD」「ヘルビ」(ヘルス&ビューティ)
「ゲーム」「カメラ」「ペット関連」「アパレル」など

カテゴリ限定して活躍する人も多いですが
当然、全てのカテゴリを仕入れ販売出来る方が売り上げ
利益も安定し、強いセラーといえます。

メリット

なんといっても日本最大級の集客を誇るAmazonに出品することでの
「売れやすさ」とFBAを利用した自動化にあります。

逆に言うとそれ以外メリットはない。

デメリット

とにかくセラー(販売者)に対して規約が厳しく
購入者が「偽物が届いた」といえば、その真偽の確認なく
返品を受け付けたり、酷い時は
セラーのアカウントが凍結される!

こういった偏った購入者保護を悪用して
新品を購入し、故障品とすり替えて返品をする
詐欺師も続出。

販売手数料も高く、薄利多売になる傾向。

とにかく、アカウント保護が難しく
生涯の販売先として安心できない。

資金回転が割と遅い

もはや新規参入から稼ぐのはハードルが高い

 

 

・カメラ転売

扱う商品を中古カメラに限定して行うせどり手法。
参入者が少なく、明確なデータはないがアクティブセラーで
おそらく100人~200人程度
主にヤフオクで販売することが相性が良いが
一部Amazon専門、メルカリ専門などもおられる。

メリット

売れる速度が比較的早い

メルカリであれば商品と価格がマッチすれば出品から30分程度で
売れることも。

ヤフオクの場合、最短翌日に販売可能、即日入金(3月から変更あり)
最短で資金回収し再仕入れにより小資金から複利で利益を増やせる。

利益単価が高く、扱う個数が他のせどりより少なくとも
まともな利益金額が残りやすい。

カメラは故障しにくく相場変動も少ないので
値下がりリスクが少ないもの特徴。

また購入者層が紳士が多く、クレームの少なさ
返品率が他の転売に比べて格段に良い。

 

デメリット

数百円数千円でできる他のせどりに比べると
商品単価が高めなことが多い。

検品、撮影などの作業があるため

一人で行うと月収100万円くらい
200万を狙うと体力的にも余裕が無くなる。
(組織化すればOK)

 

 

・ebayカメラ転売(輸出)

最近では国内から海外へとebayでカメラを売る人も多い

その背景には国内転売の塾を売りつくした人が
新たな塾という商品のためにebayを利用(海外がいいよ)
している背景があり、それに操られている人が増えた。

基本は国内では需要がないけど海外では需要があるカメラを
輸出することがポイント。

その他Amazon輸出入もあるが構造は同じ。

 

メリット

国内では仕入れ対象にならないものを仕入れ利益にできる

国内販路から海外販路を取り入れることによる
キャッシュポイントを増やせる

海外に目を向けることで視野が広がる
消費税がかからないので、還付金が出ることも。

 

デメリット

ebayは出品リミットという制限があり
アカウント作成時は10品もしくは500ドルしか出品出来ない。

つまり1個5万円のレンズを出品したら
それでオシマイなので、アカウントを育てる概念があり
初心者がまともな金額を稼げるまでには相当な月日が必要。

国内と比べ輸出はトラブルが圧倒的に多い!
赤字時の金額が大きい。

商品回転資金回転が遅い。

このために必要資金が多く必要。

全ての作業が国内より面倒。

同じ金額を稼ぐのに

国内転売では100万程度からの感覚が

ebay輸出では500万1000万必要な感覚

 

 

・ebay輸入(カメラ・アンティークなど)

カメラ転売の業界もひと昔前はebayでライカなどの
舶来品を輸入してヤフオクに転売しましょう。

というノウハウがありましたが・・・

プラットフォーム、国が違えば相場が違う。
ということは転売・せどりでは当たり前のことなので
稼ぐことは可能ですが国内と比べると難易度は極端に上がります。

メリット

国内と比べると参入者が少ない
利益幅が大きいこともある。

仕入れる側の視点で見るとpaypalの購入者保護があり難い。

ebayの場合、意外とすんなり海外から商品が届く

 

デメリット

仕入れた商品が届くのが基本2週間かかる
モノの配送方法によっては1か月2か月かかることも

言語がわからない場合、リサーチが難しくなる。
配送距離が遠いことによる故障のリスク。

商品回転が遅いので資金がたくさん必要。

偽物を掴むリスク

 

 

・中国輸入

ここ数年一気に参入者が増えた中国輸入
アリババ・タオバオなど中国の原価の安い商品を仕入れ
メルカリ、Amazon、ヤフオク、楽天、ヤフーショッピングなどで販売。

これを無在庫で転売する手法もあるが
各プラットフォームで規制が強化されているのでお勧めではない。

その他、中国展示会、工場やメーカーと直接契約を行い
激安で仕入れ、高利益販売、独占販売をする流れが
パワーセラーの中で出来てきている。

メリット

原価が低い中華系サイトでの仕入れの場合
数百円からでも仕入れ可能。

利益率が良い、国内にはない商品を仕入れ可能。

国内だけを見るより参入者は少ない

独占販売出来たときは利益もでかく
普通のせどり・転売の範疇を超え
もはや貿易・輸入業者となる。社会的地位。

利益率30%~70%が狙える。

デメリット

中国に行かなければ優良な商品を安定して仕入れるのは難しい。
サイトの仕入れの場合、不良品率が上がる傾向。

商品選定、支払い、到着、販売、までのサイクルが
他より長いため資金回転はとても遅い。

偽物ブランドなどは要注意

 

 

メルカリ転売(無在庫有在庫)

スマホ一つで商品を出品し売れるメルカリ転売
その手軽さから若者を中心に多くの参入者が出てきたが
すでに飽和状態。

その背景にはメルカリは業者排除という大前提があり
商売をする場でなはいこと、

ツールの使用禁止、アカウント停止リスク
などにより、ここ1年ほどで極端に稼げなくなった
一番依存してはいけないプラットフォーム。

アカウント販売業者も一時期存在したが
逮捕事件にまでなっている。

とにかく、モラルの低い転売ヤーが多く
問題も多いプラットフォーム。

偽物販売、手元に在庫がない無在庫販売の温床。

商売禁止なので、メリットもデメリットもない。

あくまで自己責任となります。

 

・BUYMA無在庫販売

主に女性向けのブランド商品を無在庫で販売できる
プラットフォーム。

値下げの少ないブランド品を仕入れるためには
日本より定価が安い海外で仕入れが可能な海外在住者などは
メリットもあるが、特定の仕入れ先を確保できていない。
などの場合は稼ぐのは難しいプラットフォームといえる。

稼げなくはないがハードルは高い。

とる有名なBUYMA転売塾では稼げた人が50人中ゼロ。
だったという噂も聞きます。

 

メリット

無在庫販売が認められているので資金がなくても
カード一枚からでも始めることができる。

女性の場合、好きなブランド品を扱えるので
楽しく始めることが出来る。

デメリット

仕入れの確保が難しいこと、
中華圏では偽物を掴まされる可能性。

東南アジアではハイブランド品が百貨店のようなお店で
堂々と偽物が売られている。

こらにより知らぬ間に自分がコピー品販売の犯罪者になることも・・・

 

独自ショップ無在庫転売

自分でドメインを取得し、ネット上にショップを作る
独自ショップ。

いわゆるショップオーナーとなる。

どんなせどり、転売手法で稼げていたとしても
最終的は独自ショップは一つのゴール

販売プラットフォームからの脱却として目指して欲しい。

 

メリット

世界中から好きな商品を並べ販売することが可能。

特に日本では高い、手に入りにくい海外の物を
販売すると、価格は好きなように自分で決めることが出来
自分のサイトなので規約も無く、販売手数料もかからない。

プラットフォームと異なり販売戦略を講じることが出来
独占販売も可能。

受注を受けてから仕入れが可能なので
仕入れ資金をほとんど必要としない。

仕組みづくりができればあとは外注化できて
自動販売機となる。

デメリット

最近では格安でサイト作成できる仕組みがあり
ひと昔前ほどではないものの
構築するまでの手間とスキル、根気が必要

プラットフォームでは不要だった集客を自分でする必要性。

売れる商品を探すリサーチが難しい

常に仕入れ先に在庫があるとは限らない。

難易度、ハードルが高いのでネット初心者には不向き。

 

■転売・せどりまとめ

いかかでしょうか?

せどり・転売の基本は

「安く仕入れて高く売る」

というシンプルなものですが、

扱う商品や販売プラットフォームにより

難易度や必要な資金量、稼げる金額が大きく違うことが
お分かりいただけたでしょうか?

やはり初心者にお勧めなのは始めやすく
トラブルの少ない国内転売。

資金回転が早いもの

利益単価が高いもの

こういったことを考えると
必然的に最強転売はカメラ転売でしょ!?

となりますね。

特に副業で取り組む人は時間効率の良いもの

1個売って利益1万円!とかの利益単価が大きいものの方が

よくないですか?

メルカリみたいに1個売って利益200円とかはしんどいだけですよね?

 

どれをやっても稼げるとは思いますが
あなたに向いているものを取り入れてみてくださいね。

カメラ転売が良さそう!と思ったあなたは
こちらのメルマガで稼ぎ方を学んでくださいね

 

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
サトシ
過労死レベルの会社員からカメラ転売で脱サラ! 稼ぐ生徒を量産する副業起業大学学長、別名:神速スクール 累計生徒数300名以上、累計メルマガ読者7000名超え 収入を増やし自由になる仲間を探しています。
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© サトシの神速カメラ転売 , 2018 All Rights Reserved.