おはようございます!

あなたは「お金持ちは靴と時計を見れば分かるという」

というような話を聞いたことがありますか?

出来るビジネスマンであったり、お金持ちは良い靴と時計をしていて

商談相手やホテルマンなどは相手の品定めに

靴と時計を見るというお話です。

 

今の時代、ブランド品などは高校生でも持っている時代ですし

私が会社員の頃もそれほどの収入が無い人でも

無理をしてローンを組んでまでして60万円以上のロレックスとか

ブライトリングの腕時計を買う人もいたので、

私が思うには「良い時計良い靴」だからお金持ちとか

素性がいいなんて発想はありません^^;

 

百貨店勤務の従業員たちも収入自体は少ないけれど

半ばほとんど見栄でジョンロブなどの高級外国ブランドの靴を履いてる人もいましたね^^;

 

それなりの場所で相手に敬意を払うという意味で

良い物を身に付けるというのは、ある種必要なことかもしれませんが

身分不相応なものを買いたい、所持したいという欲求は私にはありませんし

他人の持ち物にも無頓着です^^;

 

そんな私は基本的には百貨店と言うお店が好きではありませんが

とある事情で仕方なしに先日、百貨店で買い物をすることになりました。

 

そこで洋服のブランド「ラルフローレン」というのがあるのですが

あまりに主張したデカいロゴが好きではないのですが

なんとなく服を見ようと、店内に入った時です!!

 

俳優の古田新太さんに似た中年の店員が鋭い眼光でこちらを見ながら

「いらっしゃいませ」と言い放ち

その時に見ていた視線の先を追いかけると

私の靴と腕時計を見ているんです!!

しかもメッチャ見てる!!

 

しかもそのあと他の店員に何かつぶやいた!!

私の身なりレベルを伝言したのか?

私は思わず声に出てしまいました「いやらしい店員やなあ!」って

 

だってそんなあからさまにお客様にバレバレの視線を送り

人を品定めするなんて、三流もいいところでしょ!?

 

私も百貨店のショップの元店長をしていましたから

そういうのにとても敏感なんです!!

 

でも、今回の経験で「見る人は見てる!!」ということがわかりました^^;

 

最近はホテルのラウンジなどでもサンダル、Tシャツに短パンみたいな

ドレスコードを気にしない人が出入りしていて

よくホテルに止められないなあ!?と思うのですが

 

「見る人は見てる」ので、1流の物とまではいかなくとも

その場に合った、恥ずかしくない格好を最低限することが

周りにも配慮したマナーだなあ!と最近になって思うようになりました^^;

 

あっ!思い出した!!

なんかの展示会の時にいました!!

アイドルやスターのようににシルバーのスーツに

やたらデカいロゴが主張しまくりのグッチのネクタイに

ルイ・ヴィトンのベルトをしてる男を思い出した!!

ビジネスシーンでブランドを主張するのは痛いですよね^^;

 

私が思う「良い靴良い時計」とは必ずしも高いものではない!ということです。

素朴に良い物をさりげなく身に付けれるように勉強しようと思う

今日、この頃でした^^

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

サトシ流カメラ転売塾の詳細はコチラ

 

ブログでは書けない濃い内容の無料メルマガやってます^^
1日でも早く稼ぎたい方はお気軽に登録してください!

【いいね】ありがとうございます!
あなたにも良いことがありますように!

Twitter で